SDGsへの取り組み

SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)とは2015年9月の国連総会で採択された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
当社の製品もSDGsの達成に貢献しています。

●当社の活動が三井住友銀行のニュースリリースにて紹介されました。

 

当社での取り組み

事業➀ シールラベル不要の18リットル缶による食品バリューチェーンの化向と環境負荷低減
レーザー印字技術と塗布技術を融合さ紙製シールラベルを不要とする食品 メーカー向け18リットル缶を開発しました。 
顧客企業ではシールラベル管理業務削減による生産性向シール使用後の廃 棄物削減、ラベル情報の編集容易性向上が見込まれ、使用済缶の再生業者での 洗浄も容易になるためバリューチェーンを通じた生産性の向上や廃棄物の減 に貢献すること待できま。 
8.2 

高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上及びイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する

19.5 

2030年までにイノベーションを進させることや100万人当たりの究開発従事者数を大幅に増加させまた官民研開発の支出を拡させるなど開発途上国をはじめとする全ての国々の産業セク ターにおける科学研究を促進し技術能力を向上させる

12.4

2020年までに合意された国際的な枠組みに従い製品ライフサイクルを通じ環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理を実現人の健康や境への悪影響を最小化するため化学物質や廃 棄物の大気土壌への放出を幅に削減する。

事業② 厚紙を用いたプラスチック代替容器の製造によるたな食品包装の提案
製紙メーカーとの協働により、これまでプラスチックしかなかった食品容器包装について、自社のプレス加工技術を活かした新たな紙容器の開発に着手しています。
金属加工を通じて培われた製造技術や、食品安全マネジメントの証取得実績を活用し、容器包装によるプラスチックごみを削減手段の拡大に貢献することが期待できます。
12.5

2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。 

14.1

2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。 

トップページへ